日銀、高頻度データで景気分析 より早く実態を把握

2020/7/16 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は、スマートフォンで把握する人の移動など、民間企業が高頻度で収集・提供するビッグデータを景気分析に生かす取り組みを本格的に始めた。16日公表のリポートでは、外出者数とサービス消費に関する分析結果を示した。新型コロナウイルスの影響で経済情勢が日々変わり、従来の公的統計などの分析だけでは景気の実態を把握しにくいことが背景にある。

日銀は金融政策の判断材料として景気動向を詳しく点検している。政府の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]