群馬県知事、東京への移動「不要不急は控えて」

医療・健康
群馬
2020/7/16 19:12
保存
共有
印刷
その他

群馬県の山本一太知事は16日の定例記者会見で、東京都への不要不急の移動を控えるように県民に訴えた。都内で新型コロナウイルスの感染者が急増し、都が警戒レベルを4段階で最も深刻な「感染が拡大していると思われる」に引き上げたことなどを考慮した。

群馬県の山本知事は東京への不要不急の移動を控えるように呼びかけた(前橋市)

山本知事は「最近の県内での感染事例をみると東京などへの行動歴がある人が目立っている。都内での市中感染のリスクが高まっている」と発言。一方、現状では最低の「1」としている県独自の警戒度について、現時点では引き上げを考えていないとした。

政府による国内旅行の需要喚起策「Go To トラベル」事業については、観光業の回復を図るものとして趣旨を評価しながらも「全国一律で始めるよりも各都道府県と相談しながら柔軟に実施してほしい」(山本知事)との考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]