/

日田彦山線、BRT復旧で正式合意 8月に着工

日田彦山線復旧会議であいさつするJR九州の青柳社長(奥)。右端は小川福岡県知事(16日、福岡市)

2017年の九州北部豪雨で被災し一部不通となっているJR日田彦山線の復旧について、JR九州と沿線自治体は16日、不通区間にバス高速輸送システム(BRT)を導入することで正式合意した。BRTの専用道区間は約14キロメートルと、JR九州の当初案より延伸する。8月に着工し、3年以内の完工を目指す。

JR九州分の費用は約26億円となる。2カ所の橋梁の復旧費用は福岡県が負担する。県が担う橋梁の復旧工事のスケジュールは未定としている。

青柳俊彦社長は終了後、記者団に「部分開業を含め、できるだけ3年を切る形で運行を始めたい」と話した。福岡県の小川洋知事は橋梁の復旧費負担について「河川に関する復旧は県が責任を持つ」と説明した。

日田彦山線以外の路線でも7月の豪雨で被害が相次いでいることを踏まえ、青柳社長は「大変厳しい状況だ」と述べ、約26億円の工事費圧縮を目指す考えを示した。

BRTの復旧を巡っては、JR九州が彦山(福岡県添田町)―筑前岩屋(同東峰村)間の約7キロメートルを専用道とする案を提示。これに対し、福岡県が彦山―宝珠山(東峰村)間の約14キロメートルに延ばす案を示し、各自治体が賛同した。最終的にJR側も受け入れた。専用道以外は一般道を走行する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン