ハルカス展望台と近鉄グループの映画館、抗ウイルス加工

2020/7/16 18:43
保存
共有
印刷
その他

ハルカス300では、手すりなどに抗ウイルスコーティングする

ハルカス300では、手すりなどに抗ウイルスコーティングする

近鉄不動産は16日、日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市)の展望台「ハルカス300」で抗ウイルス・抗菌のコーティングをすると発表した。22日に完了する。手すりや壁、エレベーターに一般社団法人の抗菌製品技術協議会(SIAA)の認証を受けている無機溶剤を噴霧・塗布する。効果は3~5年持つという。

きんえいは劇場の座席に抗ウイルス加工を施すことで、安全性向上を訴える(16日、大阪市阿倍野区)

きんえいは劇場の座席に抗ウイルス加工を施すことで、安全性向上を訴える(16日、大阪市阿倍野区)

同じ近鉄グループのきんえいは16日、同社が運営する大阪・天王寺のシネコン(複合映画館)「あべのアポロシネマ」の座席に抗ウイルス・抗菌加工を施した。全9スクリーン、計1859席が対象。きんえいは新型コロナウイルス対策のため席を空けるなどの対策を実施し、7月上旬の入場者数は前年同期比65%減となっている。担当者は「抗ウイルス加工をすることで、安心して映画を楽しんでもらいたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]