/

この記事は会員限定です

「高速開発」エレコム、コロナ対応で抱えるジレンマ

大阪経済部 渡辺夏奈

[有料会員限定]

「高速開発」で知られるエレコムが、高収益の維持とリスク分散のジレンマに直面している。コロナ禍をうけて乗り出した生産委託先の分散は、これまでの成長を支えた中国工場との取引減を意味するからだ。

エレコムは工場を持たずにマウスやウェブカメラなどパソコン周辺機器の企画・販売を手掛ける。2020年3月期の連結純利益は、前の期比25%増の97億円と過去最高だった。在宅勤務に使うウェブカメラなどの需要急増とともに、強み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン