/

この記事は会員限定です

[社説]入管収容は多面的見直しを

[有料会員限定]

不法滞在などで国外退去の処分を受けた外国人は送還までの間、出入国在留管理庁の施設に収容される。多くの人は自らの意思で帰国している。

ところが「母国で迫害を受ける」として難民の認定申請を繰り返したり、「家族や生活の基盤が日本にある」などの理由で特別な在留許可を求めたりして退去に応じず、収容が続く人たちがいる。

2019年末現在の収容者数は1054人。4割にあたる462人は6カ月以上、うち63人は3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン