京アニ放火1年 語る消防記録、100度超の熱が救助阻む

京都
2020/7/16 18:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

36人が死亡した京都アニメーション放火殺人事件で、京都市消防局の当時の消火・救助活動記録の内容が分かった。消防への119番通報は通常の大火災を大幅に上回る22件。建物内部にこもる100度を超える熱気が活動を阻み、最後の1人を運び出すまでに約11時間が経過していた。事件発生から18日で1年。活動記録からは、突然命を奪われた犠牲者の無念さも浮かび上がる。

「ドーンという爆発音が聞こえた」「けが人が多…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]