9/30 19:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,208,896億円
  • 東証2部 67,064億円
  • ジャスダック 98,307億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.63倍24.93倍
株式益回り5.09%4.01%
配当利回り1.93% 1.71%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,185.12 -353.98
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,180 -340

[PR]

国内株概況

不二越株が一時7%安 通期下方修正を嫌気
銘柄診断

2020/7/16 22:12
保存
共有
印刷
その他

16日の東京株式市場で不二越が反落した。一時、前日比240円(7%)安の3190円まで下げ、約2カ月ぶりの安値を付けた。15日に2020年11月期の連結純利益が前期比90%減の8億円になる見通しだと発表した。従来予想は3%減の80億円で、大幅な下方修正が嫌気された。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた自動車や産業機械の生産調整が響き、ベアリング(軸受け)や工具、油圧機器などの販売が落ち込む。売上高は24%減の1900億円と従来予想から400億円減少し、営業利益も74%減の35億円と90億円下ぶれる。

20年11月期の配当予想を撤回したことも株価の下押し圧力となった。従来は年間で前期並み(100円)との見通しを示していた。

世界景気の不透明感が強いなか、固定費の削減で業績悪化を抑制する方針だ。会社側は「6~8月期が業績の底になる」(坂本淳社長)との見通しを示した。

もっとも、先行きを占う受注高は3~5月期に前年同期比34%減に落ち込んでいる。年末にかけて自動車向けの製品で緩やかな回復を見込む一方、設備投資需要の低迷で工作機械向けは厳しい状況が続く。市場では「受注動向などから業績底入れの時期を見極めたい」(ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘氏)と慎重な見方が出ている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム