ASEAN 米中のはざま 米国への不信も

東南アジア
アジアBiz
2020/7/16 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ハノイ=大西智也】南シナ海で中国と領有権を争うベトナムやフィリピンでは、米国のポンペオ国務長官が南シナ海問題に積極介入する方針を表明したことに歓迎ムードが広がる。ただ、東南アジア全体でみると中国寄りの国もあり、東南アジア諸国連合(ASEAN)は米中のはざまで揺れている。

ベトナム外務省のレ・ティ・トゥ・ハン報道官は16日の会見で「国際法に基づく南シナ海問題に関する立場を歓迎する」と強調した。フ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]