/

GMO、不動産業のDXを支援

GMOインターネット傘下のGMOテックは、不動産管理の支援サービスを始めると発表した。賃貸物件のオーナー向けに、電子契約や収支管理のシステムを提供。GMOグループ各社のサービスと合わせて、不動産管理のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する。

29日にGMO ReTech(リテック)を設立する。「GMO賃貸DX」のブランドで今後サービスを開発する。まずは不動産オーナー向けに、入居者情報や収支報告書を管理し、賃貸借を電子契約で結べるソフトを年末をメドに提供する。入居者向けのお知らせや家賃振替口座を管理するソフトも開発。全てクラウド上で管理するSaaS(サース)形式で提供する。

不動産業界では対面での取引が必要なケースが多いが、契約前の重要事項の説明が一部オンラインで可能になるなど、規制緩和と並行してIT(情報技術)の活用が進んでいる。GMOは電子契約や金融機関などグループ各社のサービスを合わせて、不動産のDXを支援する。GMOテックはウェブサイトなどネット上での集客サービスを提供している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン