オリパラを考える

フォローする

NEC社長・新野隆さん テクノロジーの力を遺産に

2020/7/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

史上初の延期となった東京五輪・パラリンピック。大会を開催する意義は何なのか、新型コロナとどう向き合うべきなのか。企画「オリパラを考える」では各界の著名人にインタビューする。第2回はNEC社長、新野隆さん(65)。

1964年東京五輪の時は10歳で、福岡に住んでいた。聖火リレーがやってくるというので、カメラを持って親と出かけていった。目の前を走るランナーをレンズ越しに追いかけながら、遠く離れた東京で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

オリパラを考える 一覧

フォローする
東京大会の1年延期は「オリパラの意味について考える時間にもなった」

 拠点の米メリーランド州ボルティモアで練習していた3月、「(東京大会が)延期になるかも」という噂が聞こえてきた。不安になったが、現実味を帯びるにつれ、心は落ち着いた。 …続き (10/9)

「(五輪が)開催できれば、希望を見いだす歴史的な行事になるのではないか」

 来夏の東京五輪・パラリンピックの開催までに、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が収束すると考えるのは現実的でないだろう。安全・安心な大会へのハードルはかなり高い。しかし …続き (9/11)

 五輪は優れたアスリートたちが1カ所に集まり、平和と団結を世界に示す祭典だ。東京五輪・パラリンピックの開催には、選手やコーチ、審判らの安全確保が最低条件になる。新型コロナウイルスの …続き (8/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]