藤井七段が最年少タイトル獲得 17歳11カ月、棋聖戦で

囲碁・将棋
2020/7/16 19:14 (2020/7/16 20:00更新)
保存
共有
印刷
その他

最年少でタイトルを獲得し、感想戦で対局を振り返る藤井七段(左)=16日、大阪市の関西将棋会館(代表撮影)

最年少でタイトルを獲得し、感想戦で対局を振り返る藤井七段(左)=16日、大阪市の関西将棋会館(代表撮影)

将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)が16日、大阪市の関西将棋会館で指された第91期棋聖戦五番勝負の第4局で渡辺明棋聖(36、棋王・王将)を破り、3勝1敗で棋聖のタイトルを獲得した。17歳11カ月での初タイトルは、屋敷伸之九段(48)が1990年の棋聖戦で達成した18歳6カ月を抜いて30年ぶりの最年少記録更新となった。

藤井新棋聖は対局終了後、「一つ結果が残せたのはよかった。(タイトルホルダーは)責任ある立場。よりいっそう精進していい将棋が指せるようにしたい」と話した。敗れた渡辺前棋聖は「内容的にも(中終盤の)競ったところで負けている。すごい人が出てきた」と語った。

藤井新棋聖は第61期王位戦でも挑戦者となっており、木村一基王位(47)との七番勝負でも第1、2局と連勝。あと2勝で、複数タイトル保持の最年少記録も更新することになる。

藤井新棋聖は2002年愛知県瀬戸市生まれ。16年、史上最年少でプロ棋士となり、17年にはデビューから無敗で歴代最多となる公式戦29連勝を記録した。今回の棋聖戦五番勝負では、17歳10カ月20日(第1局時)の最年少でタイトルに挑戦していた。

師匠・杉本昌隆八段の話
10年前、小学生の聡太少年に出会ったときから、この日が来ることを確信していました。これで私の目標や、私の師匠、板谷進九段の夢も一つかないました。東海に持ち帰ったタイトルは大切に、いつまでも保ち続けてください。これからも将棋が指せる幸せと、全ての人への感謝は忘れずに。大棋士に成長することを願っています。
羽生善治九段の話
 藤井さんの最近の躍進ぶりを見るとタイトル獲得は時間の問題と思っていました。内容も素晴らしく、目を見張るものがあります。今後も将棋界の新たな道を切り開く存在として活躍されることを期待しています。
日本将棋連盟会長・佐藤康光九段の話
 藤井新棋聖はさまざまな記録を打ち立てていますが、これは破られることはないのではと感じます。ますますのご活躍を祈念いたします。
これまでの最年少タイトル獲得記録を持つ屋敷伸之九段の話
 日本中のファンに注目されるなか、堂々といい将棋を指して、結果を出したのは、素晴らしいことです。今後もタイトル戦は続きますが、いい将棋を作り上げることを期待しています。
囲碁で七大タイトル獲得の最年少記録を持つ芝野虎丸三冠(王座・名人・十段)の話
 多くの方に注目される中でも安定した成績を出し続け、頂点まで駆け上がったのは本当にすごいこと。その陰では、血がにじむような努力を続けてこられたのだろうと想像します。年齢が近いこともあり、藤井さんの活躍をニュースでみると自分も更に頑張ろうと、勇気をもらえます。
囲碁・井山裕太三冠(棋聖・本因坊・天元)の話
 素晴らしい記録ですが、藤井さんにとっては通過点の一つなのではないかと思います。今後、藤井さんが創られていく世界を、楽しみにさせていただきます。
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]