/

ダイキンの分解技術、実験で新型コロナを不活化

特殊な高速電子を発生させ有害物質を不活化する

ダイキン工業は16日、有害物質を分解する独自の「ストリーマ技術」で、新型コロナウイルスを不活化する効果を実験により確認したと発表した。東京大学や岡山理科大学と共同で試験装置を用いたところ、3時間の照射で99.9%以上の新型コロナウイルスが不活化したという。

ストリーマ技術は分解力のある高速電子を安定して発生させ、ウイルスや細菌、花粉などを不活化する。自社のエアコンや空気清浄機に搭載している。新型コロナの不活化について、生活環境ではまだ効果を確認していない。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン