スリランカとインド、両国関係岐路に インフラ計画見直しに中国の影

2020/7/16 14:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【コロンボ=ムンザ・ムシュタク】スリランカとインドの関係が岐路にさしかかっている。スリランカの前政権がインドと合意した大規模な港湾計画を現政権が見直しているためだ。

スリランカは前政権時代、スリランカ西部コロンボ港の開発に向けた覚書をインド・日本両国と結んだ。東コンテナターミナル(ECT)の開発・運営会社にスリランカが51%出資し、残り49%を日印が共同出資。総投資額は5億~7億ドルに上るとされ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]