/

この記事は会員限定です

AIで排せつ時期予測、介護の負担軽減 永和システム

[有料会員限定]

情報システムの永和システムマネジメント(福井市)は、人工知能(AI)を活用して要介護者の排せつのタイミングを予測するシステムを開発した。撮影した映像から心拍数を測定し、心拍数の変化から推定する。介護施設で夜間の見回りなどが減り、スタッフの負担軽減につながる。データをさらに蓄積して精度を上げ、3年後の実用化を目指す。

ベッドに寝ている要介護者の皮膚をカメラで撮影し、血液中のヘモグロビンの反射光を解析...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン