GoTo事業「何らかの条件を」 自民・岸田氏

2020/7/16 13:44
保存
共有
印刷
その他

自民党の岸田文雄政調会長は16日の派閥会合で、政府の国内旅行支援事業「Go To トラベル」を巡り「何らかの条件を考えなければ国民の理解につながらない」と述べ、不安軽減の措置を求めた。石破茂元幹事長も派閥会合で「どうやって国民の理解の下にできるか考えないといけない」と話した。

公明党の山口那津男代表は党会合で「感染防止と経済対策の一環の中で総合的に判断してほしい」と語った。立憲民主党の枝野幸男代表は「予定通り進めることが適切とは思えない」と延期を訴えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]