/

この記事は会員限定です

「スパイスカレー」席巻の大阪、コロナ禍でも店舗2%増

関西データ解剖 「間借り」で気軽に出店

[有料会員限定]

カレーが大阪の名物として頭角を現している。グルメサイト「食べログ」を分析したところ、大阪市内にあるカレー店は1043店(6月11日時点)と、緊急事態宣言を挟んだ3カ月でも2%(23店)増えた。新型コロナウイルス禍でのテークアウト需要に応えるのはもちろん、ほかの店舗に「間借り」して簡単に店を構える形も広がっている。都心部ではお好み焼きやたこ焼きなど「粉もん」を逆転する勢いだ。

大阪府に緊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1890文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン