随一の知日派、「ポスト文在寅」へ闘う本当の相手
編集委員 峯岸博

日韓対立
朝鮮半島ファイル
峯岸 博
朝鮮半島
編集委員
2020/7/17 0:00 (2020/7/17 5:27更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国革新系与党、共に民主党代表選(8月29日投票)の対決構図が固まり、日韓関係の将来も占う「20カ月の闘い」が始まった。主役は韓国政界随一の知日派、李洛淵(イ・ナギョン)前首相。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の後継を争う2022年3月の大統領選を見据え、両国関係打開への期待を背負う。

李前首相は次期大統領選への出馬が予想される人物の各種世論調査で首位を独走してきた。だが、ここにきて過激な発言と行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]