艶やかな美、冷たい恐怖 映画「リトル・ジョー」

アートレビュー
2020/7/17 15:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

花を題材にした幻想的なミステリーである。色彩、音楽、カメラワークが一体となって独創的な美の世界を作りあげている。美しい花の背後から、冷たい恐怖が静かに背筋をはい上がってくるような趣(おもむ)きがある。

ヒロインのアリス(エミリー・ビーチャム、本作でカンヌ映画祭女優賞受賞)は、新種の花を開発する会社の植物学者だ。彼女が開発した新しい真紅(しんく)の花は、心をこめて育てると持ち主を幸せにする香りを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]