苦境のファミマ、処方箋は2つ
グロービス経営大学院教授が「経営戦略」で解説

ビジネススキルを学ぶ
2020/7/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事がファミリーマートにTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化するというニュースが話題になりました。ファミリーマートの株価は2018年に過去最高値を更新してから下がり続けており、新型コロナウイルス感染症の流行による売り上げ減が追い打ちをかけている様子です。なぜ大手コンビニエンスストアの中でファミマだけ低調なのか、伊藤忠とともにどんな処方箋が考えられるのか、グロービス経営大学院の嶋田…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]