/

この記事は会員限定です

テスラ株急騰と大バカ理論

十字路

[有料会員限定]

今の世界の株式市場で米電気自動車(EV)のテスラほど、投資家の熱い視線を集めている銘柄はないだろう。

時価総額は7月1日にトヨタ自動車を抜き去り、世界の自動車メーカーで首位に立った。13日には一時3329億ドル(35.7兆円)と日本の自動車7社の合計も超えた。

株価チャートは1999年のネット株や2017年のビットコインをほうふつとさせるが、株価に根拠がないとは言い切れない。エンジン車からEVへと需要がシフト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン