/

志賀原発の再稼働議論「スタート地点」、規制委委員長

原子力規制委員会の更田豊志委員長は15日に開いた定例記者会見で、北陸電力志賀原子力発電所(石川県志賀町)の敷地内を通る断層の活動性評価を議論した10日の審査会合について「(再稼働の)スタート地点に立った」との認識を示した。 審査会合で北陸電は新たなデータを提出し、志賀原発2号機の再稼働に向けて断層9本の活動性の調査結果を説明していた。更田委員長は北陸電から新たなデータが示されたことを受け「ようやく科学的議論が始められるところに達した」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン