ベトナム初の都市鉄道、開業遠く 気をもむ周辺店舗

アジアBiz
2020/7/15 20:00 (2020/7/16 5:40更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベトナム初となる首都ハノイ市中心部を走る都市鉄道の完成が大幅に遅れている。大半の設備は完成したものの、建設を請け負った中国企業とのトラブルが続いている。既に開業が3年近く遅れており、ベトナム政府や周辺店舗も気をもんでいる。

開業予定の12駅の中で最大のカットリン駅。夜に現地を訪ねると高架下に車やバイクがびっしりとめられ、持ち込まれた布団で横になっている人もいる。駅の完成から1年あまり。地面は既に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]