メルシャンの椀子ワイナリー前にバス停新設

2020/7/15 19:35
保存
共有
印刷
その他

キリンホールディングス傘下のメルシャンのシャトー・メルシャン椀子(まりこ)ワイナリー(長野県上田市)の前にバス停が新設された。しなの鉄道の大屋駅と立科町役場を結ぶ東信観光バス(佐久市)の路線バス「中仙道線」で、17日から利用可能となる。交通インフラの整備で、観光客などの誘致を目指す。

中仙道線は大屋駅―立科町役場間を1日全10往復しており、うち3往復がワイナリー前に停車する。大屋駅から椀子ワイナリー前のバス停までの片道運賃は現金で300円。メルシャンは「バスを利用して多くの人に来場してもらい、ワインを通じた上田地域の活性化につなげたい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]