/

この記事は会員限定です

「低格付け」社債警戒強く 日産の発行金利高水準に

[有料会員限定]

社債市場で投資適格だが信用リスクの高い低格付けに近い社債への警戒感が根強い。新型コロナウイルスの感染拡大による業績悪化に加え、格付けが引き下げられて実際に低格付け社債となれば日銀の社債オペ(公開市場操作)の買い入れ対象外となる懸念があるためだ。日産自動車は15日、4年ぶりの社債の発行条件を決めた。この構図で発行金利は国内社債で10年ぶり高水準になった。

社債の流通市場の国債に対する上乗せ金利(スプレッド)は、格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン