個人の待機資金急増
市場点描 マーケットの話題

2020/7/15 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人投資家の待機資金であるマネー・リザーブ・ファンド(MRF)が急増し4カ月ぶりの規模に膨らんだ。新型コロナウイルス禍で急落した株式相場が回復基調のなか、個人が利益確定や戻り待ちの売りで現金化した流れを映し出している。

投資信託協会が13日発表した6月の投資信託概況で、6月末のMRFの総資産残高は12兆3067億円と新型コロナが本格化する前の2月末(12兆…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]