愛知の信用保証承諾額、4~6月7116億円 前年の8倍に

金融機関
愛知
2020/7/15 19:30
保存
共有
印刷
その他

愛知県信用保証協会が15日発表した2020年4~6月期の事業概況で、信用保証に応じた承諾額は7116億円と前年同期の8倍に急増した。金融システムの混乱で銀行の経営破綻が相次いだ1998年10~12月期以来の高さだった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う危機対応融資の保証が膨らんだ。

保証協会は企業の信用力を担保し、企業が借入金を返済できなくなった場合に代わって返済する。保証に応じるかどうかは保証協会の審査で決める。

5月1日に民間金融機関で実質無利子・無担保融資の受け付けが始まり、保証承諾額の増加に拍車をかけた。同融資は保証協会の活用を前提としている。4~6月期の承諾額のうち6割弱を同融資が占めた。

承諾額が最大だったのは、山一証券や北海道拓殖銀行、日本長期信用銀行などの破綻が相次ぎ、金融不安が広がった98年10~12月期の8393億円。リーマン・ショック後のピークは09年1~3月期の4314億円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]