コロナ禍で司法停滞、最高裁など検証 IT化急務に

社会・くらし
2020/7/15 18:50 (2020/7/15 21:12更新)
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で裁判期日取り消しなどが相次いだことを巡り、最高裁と全国8高裁は15日、問題点を検証する会議を開いた。感染の再拡大に備え、公正・迅速な裁判と感染防止を両立するため、コロナ下の新しい裁判運営を模索する。裁判のIT化も急務だ。

最高裁幹部と全国の高裁長官は15日、テレビ会議で協議。最高裁の大谷直人長官は「感染の拡大防止と紛争解決機関としての役割を調和させ、実行することが最…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]