西鉄、コロナで投資 100億円追加削減
中期計画見直し、バスは減便

九州・沖縄
サービス・食品
2020/7/15 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西日本鉄道は2021年3月期に予定していた投資額を半減する。これまで明らかにしていた300億円に加え、9月以降に新たに100億円分の投資を削減する。22年3月期までの中期経営計画についても見直し、路線バスの減便も検討する。新型コロナウイルスで受ける影響の大きさが今春時点の想定より拡大しており、経営計画の大幅な変更に踏み切る。

倉富純男社長が15日、日本経済新聞社の取材に応じ、明らかにした。「3月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]