/

この記事は会員限定です

明治、オンラインで食育講座 CSRもコロナ対応

[有料会員限定]

明治はこれまで対面だった食育講座をオンラインで始めた。講師役の社員がいる本社と遠隔地の小中学校や公民館をつなぎ、チョコレートや乳製品の作り方などを教える。1回の参加人数は40~70人。新型コロナウイルスの感染を防ぎつつ、食の知識を身につけてもらう。企業の社会的責任(CSR)活動もコロナ対応が求められている。

販売促進企画の千修(東京・千代田)で同社の社員向けのセミナー「チョコレートの世界へようこそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン