/

「オンライン成人式」一転撤回 横浜市

横浜市の林文子市長は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けオンライン開催するとしていた2021年の成人式について、方針を撤回して実会場で開催すると表明した。オンライン化の発表後、新成人や保護者らから実施を求める声が相次ぎ、感染防止対策を講じた上での実施を決めたという。

同日の定例記者会見で発表した。6日にオンライン化の方針を明らかにしたところ、実施を求める声が約150件寄せられた。

同市の成人式の参加者は2万5000人ほどで国内最大規模。例年は横浜アリーナを会場として1日2回開催するが、回数を増やしたり別会場を追加したりする対応を検討する。

ホテルや着付け、美容師や飲食店といった関連業界への影響について、林市長は「オンラインでマイナスの影響があり、心配をかけた」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン