スターティアHD子会社、中小向けRPAを販売

2020/7/15 16:27
保存
共有
印刷
その他

スターティアホールディングスの子会社で業務アプリケーション事業を手がけるスターティアレイズ(東京・新宿)は15日、定型業務を自動化するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の新製品「ロボタンゴ」の販売を開始すると発表した。価格を抑え、操作方法を簡単にしたのが特徴。中小企業向けのRPA製品として売り込む。サービスの提供開始は8月3日を予定している。

価格は初期費用が10万円、月額使用料が5万円(ともに税別)。同社が取り扱う他のRPA製品よりも月額使用料を半額以下に抑えた。操作方法を簡単にしたため、プログラミングの知識がなくてもRPAのロボットを作成可能という。パソコンにインストールして使い、様々な業務システムの操作を自動化できる。(矢口竜太郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]