/

中高生の英語力向上傾向 中3で英検3級以上は44%

(更新)

文部科学省は15日、全国の公立小中高校を対象にした2019年度英語教育実施状況調査の結果を公表した。「英検3級」以上の力がある中学3年は44.0%、「英検準2級」以上の力がある高校3年は43.6%だった。それぞれ前年度より1.4ポイントと3.4ポイント増えたが、50%としている政府目標には届かなかった。

調査は19年12月時点で実施。中3で英検3級程度以上を取得した生徒は25.1%。成績などを基に教員の裁量で「相当する力がある」と判断した生徒は18.9%だった。

高3で英検準2級程度以上を取得していた生徒は26.7%。教員の判断で認めたケースが16.9%。普通科は56.2%、英語や国際関係の学科が91.2%だった一方、工業や商業など専門学科は15.8%にとどまった。

中3の状況を都道府県・政令指定都市別に見ると、目標を達成した割合が最も高いのはさいたま市の77.0%で、福井県61.4%、岐阜県58.1%が続いた。高3は都道府県別に調べ、福井県58.4%、富山県57.5%、秋田県53.6%の順。

小学5、6年では、学級担任が外国語の授業を担当する割合が70.5%で、前年度より10ポイント減り、「専科教員」らが教える学級が29.5%となった。

小学校の英語は今年4月から5、6年で教科となり、外国語活動が小3からに前倒しされている。文科省の担当者は「専科が望ましいというわけではなく、学級担任には日常生活に結びつけた英語指導ができる強みもある。英語指導が得意な先生を全体として増やしたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン