GO TOKYO

フォローする

ソフトボール・山田恵里「次世代につなぐ自国開催」
五輪1年前特集

2020/7/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3大会ぶりに復活を果たすソフトボール界にとって、東京五輪は待ち焦がれた舞台だ。2008年北京五輪の歓喜を知る日本代表主将の山田恵里(36、日立)は、再び頂点を目指すために多くのエネルギーを注いできた。「私にとって一つの区切りになる。恩返しの五輪にしたい」。いちずな思いは2度目の1年前を迎えても変わらない。

昨年は福島で合宿を行い、1年前イベントにも参加していた。「この場所から始まるんだな」。当時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする

東京五輪・パラリンピックを延期に追い込んだ新型コロナウイルスの感染拡大は外出制限や選考会の延期などを通じ、アスリートたちの日常も大きく揺さぶった。2021年の夏に備える、米英2選手に取り組みを聞いた。

…続き (9/10)

男子50メートル自由形決勝でスタートする塩浦(2019年7月、光州)=共同共同

 塩浦慎理(イトマン東進)を指導する中大水泳部監督の高橋雄介の手元に、忘れられない1枚の写真がある。2019年2月、千葉県内の大会で男子50メートル自由形を泳ぐ塩浦のタイムを手元のストップウオッチで計 …続き (9/5)

競泳のコナミオープン男子50メートル自由形決勝で力泳する塩浦(2月15日、東京辰巳国際水泳場)=共同共同

 「水に浮く子を初めて見ました」。塩浦慎理(イトマン東進)の母・志子は、息子が幼稚園の頃に通ったスイミングスクールのコーチにかけられた言葉を今でも鮮明に覚えている。「当時は意味がよく分からなくて。数年 …続き (9/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]