「知っていることは伝えた」、拉致問題で金正恩氏
ボルトン前米大統領補佐官、インタビュー要旨

2020/7/15 16:05
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米国のボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が14日、日本経済新聞の電話インタビューに応じた。主なやりとりは以下の通り。

――在日米軍の駐留経費について日本は負担を増やすべきか。

「トランプ大統領は最初の提案として日本が80億ドル(約8500億円)を負担すべきだと考え、私は日本に真剣に検討すべきだと伝えた。それは同盟関係の弱体化を避けるためだった。トランプ氏は同盟関係を完…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]