米国は衰退するのか 陰るソフトパワーと国際経済秩序
Global Economics Trends 編集委員 西村博之

米中衝突
西村 博之
Global Economics Trends
2020/7/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の衰退論が再び頭をもたげている。中国の台頭などで相対的な国力が低下するなか、それでも米国の優位を支えてきたソフトパワーの陰りが目立ってきたからだ。国の威信を背景に国際経済システムを率い、これをテコに圧倒的な力を保ってきた米国。その繁栄の仕組みが、逆回転を始めるのか。

「こうした蛮行は、専制国家で国が崩壊する直前に起きることだ」。黒人差別への抗議をきっかけに全米に広がった暴動を前に、途上国の政…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]