/

この記事は会員限定です

米国は衰退するのか 陰るソフトパワーと国際経済秩序

Global Economics Trends 編集委員 西村博之

[有料会員限定]

Global Economics Trends

世界的な関心を集める経済学の最前線の動きやトピックを紹介します。

米国の衰退論が再び頭をもたげている。中国の台頭などで相対的な国力が低下するなか、それでも米国の優位を支えてきたソフトパワーの陰りが目立ってきたからだ。国の威信を背景に国際経済システムを率い、これをテコに圧倒的な力を保ってきた米国。その繁栄の仕組みが、逆回転を始めるのか。

「こうした蛮行は、専制国家で国が崩壊する直前に起きることだ」。黒人差別への抗議をきっかけに全米に広がった暴動を前に、途上国の政治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り12726文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン