/

沖縄県知事、米軍の感染防止対策を防衛相に要請

河野太郎防衛相は15日、防衛省で沖縄県の玉城デニー知事と会談した。在日米軍での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、玉城氏は政府の責任で米軍に感染防止対策を徹底させるよう求めた。

米軍関係者への入国時のPCR検査の実施や基地内での感染防止対策の徹底、基地外に居住する米軍関係者の人数の情報提供などを挙げた。

玉木氏は「県民は大きな不安に追い込まれている」と強調した。河野氏は「感染拡大は米軍の即応性に影響し、非常に強い懸念を抱いている。県民の皆さまに安心してもらえる対応をとらなければならない」と語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン