スマホで電子メニュー 浜松の飲食店がコロナ対策で

2020/7/15 20:00
保存
共有
印刷
その他

浜松市の汁なし担々麺専門店「ラボラトリー」は、スマートフォンで閲覧できる電子メニューを導入した。飲食店の口コミを紹介するスマホアプリを手掛けるSARAH(サラ、東京・台東)の技術を使う。新型コロナウイルスの感染が懸念されるなか、メニューを介した接触感染のリスクを減らす。

サラが既存のメニューを電子化した。客がテーブル上のQRコードをスマホで読み込むと、メニューが表示される。

ラボラトリーはQRコードを店の外にも掲示し、順番待ちの間にも閲覧できるようにした。静岡県内の飲食店で導入するのは初めて。

メニューを消毒する手間などが省けるという。すでに約8割の客が利用している。ラボラトリーの今村哲郎代表は「感染対策で店側の負担が増えるなか有用なサービス」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]