/

この記事は会員限定です

半導体アーム、IoT分離し本業回帰 SBG上場視野

[有料会員限定]

半導体大手の英アームが本業の半導体設計事業に回帰する。同社は2016年にソフトバンクグループ(SBG)が買収。主力のスマートフォン向けからサーバー向けなどへ領域を広げたが、協業で強化を狙った「IoT」事業は伸びず、今秋に切り離す。SBGは企業価値の向上を目指すアームの上場を視野に入れるが、米中摩擦が経営の火種となっている。

「16万個のCPU(中央演算処理装置)が同時に稼働する。そのほぼすべてがアームのチップだ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン