/

この記事は会員限定です

C重油需要、5年で6割減 石油火力の停止響く

発電向け価格交渉も終了、市場退潮映す

[有料会員限定]

発電や船舶燃料に使うC重油の需要減が止まらない。石油火力発電所の稼働停止が相次ぐほか、コロナ禍で貨物輸送需要も減った。1~5月の国内販売量は前年同期比で2割弱、5年前比で約6割少ない。電力大手と石油元売り大手による価格交渉も今年1~3月期で最後となるなど、市場縮小が鮮明になっている。

石油連盟(東京・千代田)によると、C重油の国内販売量は1~5月合計で約262万8千キロリットル。前年同期比で18%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン