鉄道車両基地、浸水リスク22カ所 関西3府県

西日本豪雨
2020/7/20 18:00 (2020/7/21 9:39更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西を走る鉄道8社の大阪、兵庫、京都の3府県にある車両基地42カ所のうち、半数を超える22カ所で豪雨による浸水リスクがあることが分かった。最大5~10メートルの浸水想定の基地もある。鉄道車両は床下部が水につかれば故障する恐れがあり、専門家は「基地の高所化などを進め、浸水時の対応も決めて備えることが重要だ」と指摘する。

西日本豪雨から2年を迎え、自治体の洪水ハザードマップに基づき、3府県の車両基地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]