ボルトン氏「香港自治、侵害防げたかもしれない」
トランプ氏を電話インタビューで批判

米大統領選
2020/7/15 6:47 (2020/7/15 8:46更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】米国のボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が14日、日本経済新聞の電話インタビューに応じた。トランプ大統領が中国との関係で貿易問題を優先するあまり、「整合性がある一貫した対中政策はなかった」と語った。トランプ氏が11月の大統領選で再選を果たしたとしても「対中強硬姿勢が続くか分からない」とも述べた。

ボルトン氏は6月発売の著書でトランプ政権の内幕を描いた。同氏はインタビ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]