スペシャル

フォローする

NTTコム加入のレイドロー「日本で現役終える」

2020/7/15 3:00
保存
共有
印刷
その他

NTTコミュニケーションズに加入したラグビー元スコットランド代表主将のグレイグ・レイドロー(同社提供)

NTTコミュニケーションズに加入したラグビー元スコットランド代表主将のグレイグ・レイドロー(同社提供)

ラグビー元スコットランド代表主将でNTTコミュニケーションズに加入したSHグレイグ・レイドローがオンラインで日本経済新聞の取材に応じた。「自分がベストのプレーを続けるために必要なチャレンジだった」と移籍の理由を説明。「選手としてのキャリアを日本で終えると思っている」と現役生活を日本で全うする意向を語った。

スコットランド代表で76キャップを持ち、2度のワールドカップ(W杯)で活躍したレイドローは日本でプレーした欧州の選手で一番のビッグネーム。代表を退いた34歳にとって来日は成長に必要な決断だったと話す。

「コンフォートゾーン(心地いい環境)を出てチャレンジできる環境に身を置くことが大切だといつも考えている。急成長している日本のリーグはいい環境だと思った」。昨年のW杯日本大会での体験も理由の1つ。「日本には互いに尊敬し合う文化があり、安全な国でもあると知り、自信を持って来日を決めた」

NTTコムを選んだ一因が、千葉県浦安市に持つ練習場。流水プールやIT機器を備えた国内スポーツ界有数の設備は、世界中を回ったレイドローの目にもまぶしく映る。「(直近に所属したフランスの強豪)クレルモンと並ぶ世界でベストの施設。大きな決断の後押しになった」。チームを持つ企業そのものにも興味があった。「チームのビジネス形態への理解を深めることをいつも心掛けている。NTTコムはこれからも成長する会社だと思ったことも移籍の理由」と明かす。

NTTコムは近年成績を伸ばしつつもTLの4強に入れていない。経験豊富なSHの加入は大きな意味を持つ。「すごく熱意のあるアタッキングラグビーをしているチーム。自分が入ることで攻撃のスピードやテンポをコントロールし、強みのランでも守備側にプレッシャーをかけたい」と意気込む。

NTTコムにとって経験豊富なレイドローの加入は大きな意味を持つ(同社提供)

NTTコムにとって経験豊富なレイドローの加入は大きな意味を持つ(同社提供)

スコットランド代表では史上最多の39試合で主将を務め、その人間性も高く評価される。「いいリーダーに必要なのは冷静さ。プレッシャーがかかった中でどう冷静でいるか、キャリアの中で磨いてきた。周りの選手のベストを引き出す能力も必要だが、そうした経験をチームに伝えたい」

昨年のW杯では日本に敗れて1次リーグ敗退が決まった3分後にインタビューに登場。ほほ笑みをたたえて日本に賛辞を贈った。「相手への敬意はラグビーに不可欠な価値観であり、自分が大事にしている価値観でもある。準々決勝に値するチームは日本だと素直に受け止めないといけないと思ったから、ああした行動になった」と言う。

契約は2年。「今は肉体的にフィットネス(体力)もある状態。2年後にどうなるかは分からないが、選手としてのキャリアは日本で終えることになると思う」。グラウンド内外の振る舞いで、日本に多くのものを伝えてくれそうだ。

(谷口誠)

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
昨年のラグビーW杯では3つのファンの力が合わさって満員のスタジアムが生まれた


 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)の「大会成果分析レポート」を、大手会計事務所のアーンスト・アンド・ヤング(EY)がまとめた。スタジアムが満員になった理由や「にわかファン」の特徴など、国内で …続き (8/3)

NTTコムにとって経験豊富なレイドローの加入は大きな意味を持つ(同社提供)NTTコミュニケーションズ提供


 ラグビー元スコットランド代表主将でNTTコミュニケーションズに加入したSHグレイグ・レイドローがオンラインで日本経済新聞の取材に応じた。「自分がベストのプレーを続けるために必要なチャレンジだった」と …続き (7/15)

リヨンは提携するNTTコムのロゴをジャージーの胸に付けて大会に臨むこともある(NTTコミュニケーションズ提供)NTTコミュニケーションズ提供

 動画配信などで広がるサブスクリプション(定額課金)をスポーツ選手の獲得にも採用する動きが出てきた。ラグビートップリーグ(TL)のNTTコミュニケーションズはフランスリーグのクラブに定額の費用を支払い …続き (6/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]