中国コロナワクチン開発 新興カンシノを軍が支援

アジアBiz
2020/7/14 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【大連=渡辺伸】中国の新興製薬企業、康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス、天津市)が新型コロナワクチン開発を急いでいる。第1段階の臨床試験(治験)では世界で初めてヒトで効果を確認した。軍の強力な支援と海外製薬から学んだ技術が背景にある。米欧との開発競争が過熱するなか、有効性や安全性の担保が課題となる。

「中国人民解放軍にコロナワクチンを供給する許可を獲得した」。カンシノは6月末、こう発表した。許…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]