/

この記事は会員限定です

脱石炭、縦割りの弊害 輸出支援「原則しないが認める」

(更新) [有料会員限定]

世界の脱石炭の潮流が日本も巻き込み始めた。政府は9日、石炭火力発電所の輸出支援条件を厳格化する方針を打ち出した。小泉進次郎環境相が満を持して打ち出した政策だ。それでも評価と戸惑いの声が交錯する。支援条件を巡って経済産業省との見解の食い違いが残っているからだ。

「伝え方が違うだけだ。決まったものは政府全体で一致をしたものだ」。小泉氏は10日の記者会見で強調した。小泉氏が言及したのは政府が9日に決定し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン