コロナ再燃 シャープ在宅強化、平和堂は出張決裁厳しく

2020/7/14 19:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首都圏を中心に新型コロナウイルスの新規感染者が増えていることを受け、関西企業が対応を迫られている。勤務体制を在宅に戻したり、首都圏への出張を禁止したりする動きが広がる。5月に緊急事態宣言が解除されて以降、非常時モードを解く企業が多かったが、再び感染予防をにらんだ企業活動を探り始めた。

ダイキン工業は14日から部門ごとに在宅勤務の可否を判断する仕組みを取り入れた。新型コロナの感染拡大で原則在宅勤務…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]