高松市、ふるさと納税を代理受け付け 熊本県支援

2020/7/14 19:29
保存
共有
印刷
その他

高松市の大西秀人市長は14日、豪雨により大きな被害がでている熊本県など3自治体を支援するため、ふるさと納税の代理寄付の受け付けを高松市で始めると表明した。15日中に受け付けを開始できる見通し。

高松市は14日、新型コロナウイルス対策本部会議を開いた

高松市内で開催した新型コロナウイルス対策本部会議で大西市長が表明した。熊本県、熊本県人吉市、熊本県多良木町の3自治体に対するふるさと納税を、高松市のサイトで受け付け、手数料などは高松市が負担する。

被災者の健康をチェックするため、3自治体に派遣されていた高松市の保健師が13日、新型コロナに感染していることが確認された。大西市長は「被災者の皆様には多大なるご心配をおかけしている。被災自治体を側面的に支援していきたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]