広島の食品スーパー、相次ぎ値下げ 顧客争奪激しく

中国
広島
2020/7/14 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる景気悪化で消費者の節約志向が強まり、広島が地盤の食品スーパー各社が値下げに動いた。イズミは6月、1000品目を平均で1割値下げし、フレスタ(広島市)も400品目を1~2割ほど安くした。中小が対象のキャッシュレス決済時の5%還元が6月末で終了したこともあり、顧客の奪い合い・囲い込みが一層激しくなっている。

加工食品を中心に1000品目を値下げしたイズミ。昨秋の消費増税時(3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]