/

この記事は会員限定です

日欧の海底ケーブルを北海道へ、札幌で官民タッグ

[有料会員限定]

2023年を予定する日欧間の海底通信ケーブル稼働を前に北海道が官民を挙げて動き出した。北極海経由のケーブルは総事業費900億円の大型プロジェクト。北海道大やさくらインターネットなどが主導する新たな研究会が大規模なデータセンターを誘致し、陸揚げ地に名乗りを上げる。

14日、札幌市内で設立された「北海道ニュートピアデータセンター研究会」は北海道大の山本強特任教授が座長に就き、日本のインターネットの父と呼ばれる慶応義塾大の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン