/

この記事は会員限定です

[社説]周辺脅威を強調した防衛白書

[有料会員限定]

政府が14日に公表した2020年版の防衛白書は、北朝鮮や中国の軍事動向をはじめ日本周辺の脅威を強調したのが特徴だ。地域の安全保障に影を落とす新型コロナウイルス感染拡大への対処とあわせ、日本の守りに効果的な戦略を練り直す時期を迎えている。

白書は、北朝鮮の弾道ミサイルが「核兵器を搭載してわが国を攻撃する能力を既に保有しているとみられる」と記述。奇襲的な発射や迎撃が難しい低空かつ変則的な軌道で飛行する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン